プラグイン集

無料ブログはココログ
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サンプルJS

  • ユーロバカ一代の締切
    ・・・初期化中・・・

« カウントダウンプラグイン2 | トップページ | CentOSでMidiを聞く »

2011年1月26日 (水)

カウントダウンプラグイン3

pukiwikiのカウントダウンプラグイン(ミリ秒表示対応)を作る。
3回目になってしまった。
前回、pukiwikiのプラグインとして今日の日付をミリ秒単位で返す所までを作った。
拡張してカウントダウンを走らせる。

「countdown2ms.inc.php」

参考サイトはグーグルで上位5ページ分の適当なサイト。
とりあえず、出力する文字列を作ってreturn する。
文字列にJavaScriptを記述すると、ブラウザが解釈・実行してくれる。
PHPの変数は$変数で普通に渡せた。意外・・・。

弱点:
ちなみに、サーバータイムじゃ無いので、クライアントタイムに依存。
幸い室内ならNTP環境だから多分問題ない。
閏年処理してない。
一ヶ月=30日のダメ仕様。年5日足んない。
ページ毎に1つしか置けない。divタグのIDが決め打ちだから。
更新間隔を50ms以下にすると古いPCが付いていけなくなるので、1ms更新は断念。(ただし、丸めの都合で1位もピクピク動く)
超正確と言う訳でもない・・・。NTPもスタチューム1につないでてもネットワークの伝送遅延でそこまで精度無いし・・・。

強み:
ミリ秒表示。(焦る、マジ焦る)
年〜ミリ秒までの表示だけど、余計な所は書かない。(0年0月とか無駄過ぎる)
動的なカウントダウン表示。(リロード不要)
馬鹿デカイ桁の日カウントダウンじゃ無いから、直感的。(その分焦る)

使いかた
&countdown2ms(年,月,日,時,分,秒,ミリ秒){事柄};

仕様例
&countdown2ms(2011,2,20,11,0,0,0){アタイの欲しいノートPC用の次世代i7登場};

表示結果
アタイの欲しいノートPC用の次世代i7登場まで、26日16時間6分32秒423ミリ秒です。

今後の課題は弱点つぶしなんだけど、実際に困ってるのは、同一ページに複数個のタイマーが置けないことくらい。
さてどうやって作ろうかな・・・。

サポート無し、ソースの使用好きにして。使用した結果の責任はもちろん負わないよ。全ては自己責任です。
なので、phpとJavaScriptを詳しく理解し、ソースに書いてあることが分かる程度の能力もしくはそれ以上のスペックの人でないと使えない。
まぁ、此処見てる人なんて極わずかだが。

« カウントダウンプラグイン2 | トップページ | CentOSでMidiを聞く »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カウントダウンプラグイン3:

« カウントダウンプラグイン2 | トップページ | CentOSでMidiを聞く »