プラグイン集

無料ブログはココログ
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

サンプルJS

  • ユーロバカ一代の締切
    ・・・初期化中・・・

« VMWare Server | トップページ | サイバーの情報来た »

2011年5月25日 (水)

VMware Severの解決法+

取り出したるは、古いwindows PC、VMware Infrastructure Clientを使うとにした。

ESX 3.5ダウンロード・・・できない。VM Playerのアカではいけないようだ。

VM Server 2.0をダウンロード。exeを実行して、ウイザードが起動したら、ここの通り、にVMware Server.msi を取り出すもよし、universal extractorで、展開して取り出してもいい。

次に、VMware Server.msiの展開だが、さっきの人の通りにやってもいいし、universal extractor、で展開してもいい。

とにかく、VMware Server\hostd\docroot\client\VMware-viclient.exe を拾ってくることが大事。

ダブルクリックして、インストール。難しいことなく、すぐに終わると思う。

あとは、展開してできたファイルや、落としたVMware Serverはいらない。あってもディスクの肥やしになるので、リサイクルしよう。

さすがは利用者の多い、VMware Infrastructure Client快適快適。

しかし、仮想マシーンの設定に罠があった。今のバージョンのVMware Infrastructure Clientとの互換が無いだと。仮想マシーンの設定はIEのプラグイン使ってやるかしょうがない・・・。

だいぶ便利になった。ん?Linuxマスターから入電だ。

ESXを使う方が早いぞ。各VM単機能なら、iptables書くのそんなに苦じゃないでしょ・・・。

ふぅ、Linuxマスターの会社に業務依頼しようか・・・。アタイの負荷減るし。

見積もりするだけで目玉飛び出るからやらないけど・・・。タダなら・・・。

OS?無事に入って、不要なサービス削った。

ベトベトLinuxとは違って、起動速いねぇ。(その分何もできないんだけどね。)

« VMWare Server | トップページ | サイバーの情報来た »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VMware Severの解決法+:

« VMWare Server | トップページ | サイバーの情報来た »