プラグイン集

無料ブログはココログ
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

サンプルJS

  • ユーロバカ一代の締切
    ・・・初期化中・・・

« OB・OG・同窓会 | トップページ | 御免なさい・ありがとうございました。まよねーず工場さん »

2011年10月12日 (水)

「お詫び」京急の画像・音源について

京浜急行電鉄株式会社から、昨日(2011年10月11日火曜日)に当ブログの京浜急行車両の画像やシーメンスVVVF音等が、京浜急行電鉄株式会社の著作権を侵害していると警告がありました。

京浜急行電鉄株式会社の許諾印の無い、行き当たりバッタリの撮影と認め、データの削除と京浜急行電鉄株式会社への謝罪申し上げます。

「誠に申し訳ございませんでした。」

そして、当ブログからデータをダウンロードした方へお願いがあります。前述のとおり、京浜急行電鉄株式会社の著作権を侵害しているデータです、削除をお願いします。

重ねまして、京浜急行電鉄株式会社とその関係者並びに、当ブログ閲覧者へご迷惑をかけたことをお詫び申し上げます。

現在、全力でデータの削除・関係先への連絡を行っておりますので、もうしばらくご容赦ください。


これから、正規ルートで撮影に行く方、道中の安全に十分お気をつけて。

« OB・OG・同窓会 | トップページ | 御免なさい・ありがとうございました。まよねーず工場さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

失礼します。
シーメンスVVVF音に関しては仕方が無いのですが、画像が著作権的に問題があるという点について腑に落ちません。

建築や公共物、公共的施設はそれ自体を複製することは違法ですが、写真の被写体・絵画の対象として使われた場合には問題が無いはずなのです。
京浜急行が公式で載せている画像を引用したのなら分かるのですが、撮影と書いてあることから察するに写真を製作したのはブログ管理者様だと判断したので「おかしいのではないか?」と思い書かせていただきました。

そこまで謝罪するほどのことではありませんよ。今回の件は京急側の対応にも問題があります。最近の京急は運行も含めて変になっています。

通りすがりのものですが、思うところあり、書き込ませて頂きます。

著作権法違反との指摘ですが、「悪戯」という可能性は考えられないでしょうか?というのも、同様のデータを公開している他サイトにおいて、同様な指摘を受けている様子は全く見受けられないのです。

一度、京浜急行電鉄に問い合わせてみては如何でしょうか。

以上、乱文のほどお許しください。

はじめまして。

音源については微妙なところですが、個人撮影の画像掲載については腑に落ちないところがあるので京急に問い合わせてみたところ問題ないとのことでした。

念押しで「公式見解ですか?」と聞いたところ大丈夫ですとの回答でしたよ。

京急に問い合わせたところ


>御社が保有する車両の著作権
>カスタマ メールで質問>http://nekomimimaiden.cocolog-tcom.com/blog/2011/10/post-e2d4.html
>昨日10/12に上記のURL先のブログの内容より、個人の趣味で、御社が保有いたします車両を撮影および、御社のシーメンスGTOを採用した1000形車両の音を録音するにあたり、撮影・録音許可申請または著作権料を支払わなくてはならないのは事実でしょうか?

>http://togetter.com/li/199814
>またこちらのURL先では、ご報告なされたブログの管理人のTwitterのツイートがまとめられてあり、その内容の中には、著作権料として50,000円/1hで個人の撮影が許可されると有りますが、そちらも事実でしょうか?

>もし事実であれば、この件についての詳細な内容および経緯を御社のHPに掲載さ
れますようお願い申し上げます。

>回答 メールを使用(京急ご案内センター) - 2011年10月13日 15:12
平素は京急ウェブサイトをご利用いただきまして,誠にありがとうございます。
>担当部門に確認したところ,当社で警告を出したという事実はございませんので,ご了承ください。

とのご返答を頂きました。
要するに、貴方様のご報告はうそですよね?
釣りなら釣りと認め謝罪しましょう。

どこかに確実な情報はないのでしょうか?

今気づいたんだけど、京急がシーメンス音の著作権を主張するのはおかしいと思うよ。
もともと「ドレミファインバータ」はドイツのシーメンス社が作ったんだから。

管理人様へ。

送られてきた「京急からの警告」の文面等を公表することを推奨します。

京急から、そういう事実はない、という回答の情報があった以上、件の「警告」は、イタズラか新手の「架空請求」の前兆、の可能性もあります。

模倣犯防止の観点からです。

シーメンスVVVF音って「楽曲」ではないので著作権として認められないのでは?と素人考えながら。

本当に京浜急行電鉄株式会社さんからのメールなのか、怪しい気がします。

もしかして、それって本当にインバータ音の申し立てですか?
もしかして、加速音に発車メロディが入っていたりとか、車両の写真に駅のポスターが写ってたりしませんか?
普通ならこの手のことに著作権はないはずなので...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お詫び」京急の画像・音源について:

« OB・OG・同窓会 | トップページ | 御免なさい・ありがとうございました。まよねーず工場さん »