プラグイン集

無料ブログはココログ
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

サンプルJS

  • ユーロバカ一代の締切
    ・・・初期化中・・・

« 第1回マインクラフトサーバーを構築する(スーパー注意書き編) | トップページ | 第3回マインクラフトサーバーを構築する(OSインストール編) »

2014年3月14日 (金)

第2回マインクラフトサーバーを構築する(下準備編)

注意書きは、前回のを見てください。この記事も過去の(ry

作業用に、サーバー以外のPCがあると便利。

  • ルーターより外側の準備

まずISPがMyサーバーOKしているかどうか。だめだと、どうしようもないし。
次に、ISPがグローバルIP割り振ってるかどうか。グローバルIP振ってないと、ISP入り口でNAT越え出来ず、インターネット側からアクセスできない。
固定IPかどうか。固定IPならDDNSなくても、IP変わらないし・・・。
動的IPだったら、DDNS契約。無償・有料いろいろあるから、好きなところへGO。
メールサーバー立てる都合上MXレコードが引けないと困るから、MX使えるところにする。

DDNSの契約終わって、自分のドメインとホスト名が取れたら、外界の準備は終わり。
数分のうちにドメイン名とグローバルIPが紐付けされて世界中から引けるようになる。

  • 自分の家の中の準備

要するに、ルーターの内側の準備。
無線接続より、有線での接続を勧める。無線LANは簡単にハッキングされる。うちも何度か破られた。うちの回線でニコニコしてんじゃねぇよ、糞野郎。
ケーブル邪魔でも、物理的に部屋に入られない限り有線接続できないから少しは安心。
また、無線は安全のために暗号化が居る。その手間が無い有線(要するに生データ垂れ流しの有線)のほうが、レスポンスがいい。今の技術では、違いはごくわずかだが。
回線効率や、理論速度上限の速い有線で。

※自作ケーブルじゃなくて、いいケーブル使えよ。半断線してえらい目を見た。

コンピュータの準備
台数稼げないので、重いマインクラフトに加えて、メーリングリストサーバーとwebサーバーを同時に捌ける性能が居る。
勿論物理的に分離できるなら分離したほうがいい。最近流行の仮想化やクラウドを使って機能別サーバーにしたほうが、後々のセキュリティ確保しやすい。

用意したマシーンの台数も無ければ、馬鹿性能の高いマシーンって訳じゃないので、1台でこなさせる。
うちのマシーンは、いつぞやのこの子。
最初はマイクラオンリーでまぁ持つだろうと思ってたが、宴会行ってやること増えたよ。
後に、性能足りないことが分かるけどね。

その他の準備
ネットワーク図。IPをどう割り当てたとか書いておくと便利。頭の中に入ってれば別に必要なし。頭のメモリは揮発性が強いので、紙媒体や画像にしておくほうが確実。


まとめ

ISPのグローバルIPよいか?
規約を確認しサーバー公開してもよいか?
DDNSの準備よいか?(ドメインとホスト名とグローバルIPの紐付けよいか?)
ルータとコンピュータの間のケーブルの準備はよいか?
コンピュータの用意はよいか?

オプション:
タバコは別室 or 外で。(サーバー不調の原因になります。ヤニとかが。)
飲料水はこぼれない容器で。(コンピュータの水没は、確実に電子部品を葬ります。)
作業用BGMは別の機械もしくは、専用機で。(サーバーは仕事に専念させましょう。)
ググル用のマシーン。(サーバーでもOSのインストール終われば、ググれますがそれまでにトラブルった時のために、ネットに繋がるマシーン準備することをおすすめ。サーバーにアクセスして、プレビューするにも使えるし。)
その他お好きなもの。(PCお守りが必要なんだとか、ガンプラをケースの上に載せると成功率が上がるんだとか、なんとかのフィギュアあると、俺がリラックスできてバグを発見しやすくなるんだとか・・・。)ちなみに、私は何も乗せない・置かない派です。3.5インチHDDとかをUSB接続しなければならないとかで、上が空いている方が便利なので。やる気を出すための作業着?好きにして下さい。

次回以降、OSインストールしてソフトウエア設定やるんじゃないかな?


後書き

私としては、ISPはXXで無ければならないとか、DDNSは~じゃなきゃだめとか無いです。
ルーターもNAPT出来れば、どこのメーカーのでもいいですし、PCも買うなら最近のなら大体問題ないですし、転用するにしても、CentOSの要求性能やマインクラフトが要求する性能を満たしてれば、どれでもいいです。こだわりのXeon+ECCメモリどやぁ~。でも、お古のC2DでOSもソフトも要求性能満たせるからいいやでもいいですし。
ただ、マイクラはメモリいくらあっても困らない。64bitOSにするならメモリガッツリ積んだマシーンの方がいいと思う。32bitなら、限界の4GB積めば文句のつけよう無いけど、後にメモリ足りなくなるなら32bitの選択は失敗だったということになるでしょう。
それぞれにこだわりがあるでしょうから、そのマシーンでいいと思う。
小さいのがジャスティスとか、冷却こそ至高とか、省エネこそ未来とか、電飾・デコPC命とか・・・。

ISP、グローバルIP、NAT、DDNS、MXレコードなどなど、分からない用語オンパレードでしたか?
「ごめん、やってみたけど分からなかった」と諦めてしまいましょう。
共同でマイクラしようとしてたメンバーや、自分は傷つきますが、代償として世界が救われあなた自身が犯罪者にならずに済みました。
分からなかった・世界が救われた・犯罪者にならなかったと対価としては、十分じゃないですか?

用語解説書こうかと思ったけど止めた。面倒臭いし、1冊の本が出来るわ。
ニャル子の3行で説明しろじゃ無いけど、そんなレベルだったらネット世界もっと簡単に、もっと堅牢になってるわ。


余談、Windows serverは高いか?

自分の能力によっては安い。
16万ぐらいで売ってるWindowsのサーバーエディション。解説書も同時購入して20万くらいとして。時給800円×8時間=6千400円/日のペースで減価償却すると31.25日≒およそ1ヶ月。
色つけて時給1200円×8時間=9千600円/日ペースで減価償却すると20.83日≒約3週間。

単純に考えて1ヶ月以内にCentOSの設定終わらないと結果的にWindows Server買って手厚い保護と、充実した日本語の解説書見ながら設定したほうが安上がりだったということになる。

それと、なんて言ったってWindows作り上げた牙城は強く、最悪フリーソフトで何とかなっちゃった(てへっ)とか聞くし。Server用なのにムフフなソフト動いてるとか。

採算ラインは1ヶ月以内にLinuxの設定が終わるかどうか。
ググル時間とか、トライ&エラーの時間含めて。

Enable=True
Enable=true
enable=True
enable=true
enable=1
など、Linuxは全部意味が違うからなぁ。""のつくつかない、=の前後に空白入れる入れない、’’のつくつかない、‘‘で囲む囲まないとか。

ちなみにこれ、XDMCPの設定のときに悩んだやつね。(今回のとは関係ない。)
Linuxマスターの友達からconfもらったけど動かない。別なリナックス使いに酒の席で聞いたら、GUIで設定できると箸袋に手順書いてくれた。それをやったら一発だった。ちなみに1週間飛んだ。こういうことが、良く起きるのがLinuxの怖いところ。

GUIのプルダウンメニューから選んで、適応ボタンクリックで反映。OK押して完了のwindows。やっぱり楽だ。

« 第1回マインクラフトサーバーを構築する(スーパー注意書き編) | トップページ | 第3回マインクラフトサーバーを構築する(OSインストール編) »

Linux」カテゴリの記事

マインクラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2回マインクラフトサーバーを構築する(下準備編):

« 第1回マインクラフトサーバーを構築する(スーパー注意書き編) | トップページ | 第3回マインクラフトサーバーを構築する(OSインストール編) »