プラグイン集

無料ブログはココログ
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

サンプルJS

  • ユーロバカ一代の締切
    ・・・初期化中・・・

« Z87マザー、グラボ、IntelHDに悩む | トップページ | 例大祭と東急ぶらぶら »

2014年5月 4日 (日)

初代SSDがMFTエラーで再起不能に陥った

GWいかがお過ごしでしょうか。大事なデータのバックアップしかけてから、お出かけしましたか?この時のSSD がついに逝きました。旧ノートPCは処分していたので、ノートPCから外して、USB-IDE変換ケーブル経由で使っていたのですがとうとうMFTエラーでNTFSがRAWファイルシステムに。

もちろん、前兆は有りましたよ。

  • 大容量データを書き込む
  • 同じディレクトリにデータ書きまくる

と言ったことをすると、SSDがフリーズしてしまう。という前兆現象。小型ファイルで有れば問題なく書けたのでそのままにしていたら、つい先日、「あれっ、データ見えない。また固まったかと」安易な気持ちで再接続したら、フォーマットしてくださいになった。

とりあえずチェックディスクするとMFTエラーでチェックディスクすら通らない。
ならばGoogle先生にお伺いを立てよう。→TestDiskでMFT再構築すれば?

それならば、TestDiskで分析開始。パーティション情報とBOOTセクタは問題ないらしい。じゃぁ早速、MFT復元 ポチッとな。

エラー:復元できません。バックアップのMFTも破損しています。

誰だよ、MFTエラー50%の確率で復旧できるとか言ったブログ主は。いや2択で外れ引く才能は人より優れてる自信があるから私の性か。

頭(ファイルシステムの情報)からのデータ復旧はこの時点で無理だと把握。データ記憶領域本体をスキャンしてファイルとおぼしきものを拾ってくる、スキャン操作の出来るソフト・人でなければ回復は無理だ。

ここから先は3択

  1. 金のパワー使って業者に任せる
  2. バイナリ改造ツールを使って、正しいMFT情報に書き換える
  3. 適当なファイル修復ツール使ってみる

1.はパス。ネット界隈で拾ったドールや東方のデータが犠牲になるだけだし。

人に見られるのはまずいデータというのもある。何とは言わないが。

音楽データは、もう引越し済み。言い換えれば、バックアップ品。画像データは、新ノートPCのSSDの容量が削れるから吐き出しておいたものだし、バックアップも無し。(言い換えれば、売れ線から外れたともいえるが・・・・。)
だがデータロストするには惜しい。

2.いいね、スーパーエンジニアっぽい。ただ160GBものデータ空間探せるか!Probeソフト駆使して、MFT探して書き換えてるブロガー居たが、そんなこと出来るわけがない。※このツールは普通にタダで配られているので自分の労力をタダと評価するならタダでデータ復元が可能。
どうやって正しいMFT探したかも謎だし、頭脳勝負が出来るエンジニアじゃないと無理だな。

3.現実解はこれだよな。どんなツールが有るかGoogle先生に聞いてみる。
行きついた先は、2ch:復元サルベージソフトスレ そこ行く前に、1本試したんだけどね。
Windowsから認識されずにRAWになったデバイスは、ある種殻にこもっているようなものだから、トドメにならなければ、最適ツール探した方がいいと思われ。

・FINALDATA:操作は簡単なんだけど、スキャン中に止まる。
・完全復元PRO:ファイルが見える。欠損ファイルも大分有る。保留。
・Undelete360、Pandora Recoveryの2つはWindows上からドライブが見えないとアウト。今回は使い物にならず。ゴミ箱から消しちゃったとき用。
・R-Studio:ファイルが見る・見えるぞ。候補。完全復活で欠損してたドールディレクトリが見える。
・Recuva:現在スキャン中。後で評価。確かSDカードの復元 で使ったよな。
スキャン完了。ディレクトリ情報はボロボロ。全部ががさっと一覧。
・PhotoRec:試してない。ファイルの種別で欲しいんじゃなくて、デスクトップの画像ディレクトリと直下のmp4とflvが救えればそれでいいから。
・Handy Recovery:偉い量のフォルダーで拾ってくる。ディレクトリは有るらしいが、どこにマップされているかは不明。絞り込み中。

今のところ調査したのはこれくらい。完全復元PROは、破損したProgram files群の回復がやたらといいが、欲しいドールディレクトリの回復は芳しくない。逆に、R-StudioはProgram files群のデータが壊滅的だが、欲しい画像系の復元がかなりすごい。2chスレによれば、ソフトにより拾える・拾えないが分かれるらしいので、より復元精度が欲しい人は、サルベージソフト複数買いが基本となるようだ。ソフトだけで2万ぐらいかかるか。

Recuvaのスキャンが終わったが、不明ファイルをごそっと一覧で表示してしまう。自分が欲しいのはデスクトップの画像以下だけなのでそいうファイルの拾い方は苦手なようだ。

Handy Recoveryは細かくフォルダーを拾ってもらえるのだが、いかんせん細かすぎて探せない。

教訓:
Windowsの構造生かして直下や脇にディレクトリ掘ってデータ置いておくとサルベージの時にWindowsが持ってるファイル群が強いノイズとして出てしまうので、一度どこかへ情報を退避して、確実にフォーマットしてからデータディスクとして再利用しよう。
次にデータ拾うのに面倒臭すぎる。

今後:
どうすっかなぁ~。全画像データ拾うのは無理そうだし。かといって、完全復元・R-Studio・Handy Recoveryの3本を数万出して買うのもなぁ~。3つのソフトの結果からRecuva上で探して復元すれば、タダの範囲内か。
ちなみにケチりたい理由はボイスロイドとICレコーダーとメディア、オーディオケーブル欲しいから。


そういえば、GWって毎年記憶装置が壊れる悪魔の週間だった気がする。
とある人は、クリスマスに壊れるって聞いたな。
やっぱ人によりそういう、ディスク破損週間あるみたいだな。

自分の場合大体4月だか3月だかに買って、温かくなった5月に壊れるパターンが多いかな。

ものすごく関係ないんだけど、2ch覗くならブラウザより専ブラ(TwinTail)だよな。言及を追跡しやすい。

« Z87マザー、グラボ、IntelHDに悩む | トップページ | 例大祭と東急ぶらぶら »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初代SSDがMFTエラーで再起不能に陥った:

« Z87マザー、グラボ、IntelHDに悩む | トップページ | 例大祭と東急ぶらぶら »