プラグイン集

無料ブログはココログ
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サンプルJS

  • ユーロバカ一代の締切
    ・・・初期化中・・・

« 2020年11月 | トップページ | 2021年3月 »

2020年12月

2020年12月 6日 (日)

TPファンコントロールの日本語化

Windows10 化した Thinkpad X230 の不満の解消の続きである。

  • タスクバーにバッテリーの%表示が出ない

Windows7 の時は、タスクバーにバッテリーのアイコンに、残電力が%表示で出ていたが、
Windows10 になったらなくなってしまった。

これの解決は、マイクロソフトのストアから、Lenovo Vantage をダウンロードすると解決する。

その際に、 Lenovo.Vantage.ServiceSetup.exe もインストールする必要がある。

インストールが終わると、この通り、タスクバーのバッテリーアイコンが復活する。
Taskbar_battery
いいね。素晴らしい。

これも問題点があって、Windows7 の時は、ここをダブルクリックすることで、電源やパフォーマンスの設定に行けた。
省電力マネージャーのBasicモードのみLenovo Turbo Boost+という、ファンを全開にして強制空冷して、
Core i7 などに乗っていた、ターボブーストの時間を引き延ばす機能があった。

自分は、CPUが熱っちちになるので、ターボブーストはOFFにしていた。
Lenovo Turbo Boost+を逆手にとって、低負荷時にファンを高回転させて、CPU温度を下げていた。

  • ファンコントロールしたい

Windows10 でもこれがしたいと思って探していたら、TPFanControl というソフトで、ファンのコントロールができることを知った。
ここによると、2015年に開発を終了していて、基本的にWindows XP世代のものらしいが、使えるものは使わせてもらう。
残念ながら、日本語訳のサイトはリンクが切れている。

執念で探した日本語訳が載っているサイトはこちら。じつは、帰宅後30分ぐらいかけて1週間毎日機械翻訳していた。
iniファイルは、英語とドイツ語(Google翻訳の判定)の併記だった。
悔しいので、ここにも、翻訳したiniファイルを貼っておく。

ダウンロード - tpfancontrol_ja.ini

尚、設定はデフォルト値のままである。

そして、表示(ウインドウ)が英語なのが嫌だ~。resource_hackerで変換を試みたが、
長い行が折り返されると、自動で次の行になってしまい、コンパイルエラーで作業ができなかった。
代替のXNResourceEditorで、書き換えることができたが、反映できずに消えた。
原因は、UACでProgram Files以下のバイナリを直接書き換えてた性。

何度も書き換えなおして、無事に反映できた。
Tpfanctrl

やっぱり日本語がいいね。翻訳は、ほぼ機械翻訳頼みだから怪しいよ。

成果品:

ダウンロード - tpfancontrol_jp_patch.exe

ダウンロード - tpfancontrol_jp.exe

上が、WDiffで作ったパッチファイル。
下が、tcfancontrolのバイナリをXNResourceEditorで書き換えたもの。
いやぁ~、疲れたが、個人的には満足だ。

尚、Thinkpadのファンが壊れてしまった。モーターの軸は回転するが、滑ってしまい羽がモーターの軸の回転に追い付かなくなった。
この問題も今日、ファンを取り換えて直った。
ネジが一本余ってしまったが、まぁ、仕方ないか。次壊れたら、やっぱり買い替えだよなぁ・・・。

ーー

MTC-to-DenD はあまり進んでいないが、まぁ、一つやりたいことを実現して片付いたのは気持ちがいい。

お約束:
このページに乗っているiniや実行ファイルを使った結果については、
いかなる場合においても、完全にダウンロード者の自己責任であり、
執筆者及び、掲載サイトの物が責任を負う必要はないものとする。
自分で判断がつかない者の使用を禁ずる。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年3月 »