プラグイン集

無料ブログはココログ
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サンプルJS

  • ユーロバカ一代の締切
    ・・・初期化中・・・

« RockyLinux 8.5 で Mozc をコンパイル | トップページ | PCから電報を送る »

2022年5月29日 (日)

VScode、Atom エディタのポータブル化

VSCode の場合、公式サイトの解説に沿って作ればいいので簡単。

  1. VSCode の ZIP 版をダウンロードする
  2. ZIPを展開する
  3. Code.exe のあるフォルダーに data フォルダーを作る
  4. data フォルダーの下に tmp フォルダーを作る
  5. VSCode を起動して、好きな拡張を入れる

以上。

これで、Windows にインストールした VSCode とは別環境の VSCode 環境が作れる。

Windows に入れたのはコーディング用、 ポータブル版は、Markdown・ReStructuredText・Mermaid.js のドキュメント作成用と割り切って使うことができる。
拡張同士の衝突を気にしなくて済むようになる。

VSCode の Markdown・ReStructuredText・Mermaid.js を扱う拡張リストをメモしておく。
VSCode を起動して、メニューの「表示」 、 「ターミナル」を選んで、起動した端末に、

> code --list-extensions

と入力すると、拡張の一覧が得られる。インストールした拡張は以下の通り。

  • bierner.markdown-mermaid
  • bpruitt-goddard.mermaid-markdown-syntax-highlighting
  • csholmq.excel-to-markdown-table
  • lextudio.restructuredtext
  • MS-CEINTL.vscode-language-pack-ja
  • mushan.vscode-paste-image
  • tomoyukim.vscode-mermaid-editor
  • trond-snekvik.simple-rst
  • yzane.markdown-pdf
  • yzhang.markdown-all-in-one

※ Markdown PDF は v1.4.4 では、Mermaid.js をレンダリングしてくれなかったので、
 v1.4.3 にダウングレードしてインストールしている。

面倒臭いのは、Atom の方。

Atom エディタ の場合。

  1. Github から Atom の ZIP 版をダウンロードする
  2. ZIP を フォルダーの下に解凍するモードで解凍する
  3. Atom.exe を見つける
  4. Atom.exe の1つ上のフォルダーに戻り、 .atom フォルダーを作る
    ※ Atom.exe と同じフォルダーに .atom フォルダーを作っても意味がない
    ※※ Windows で.ドットから始まるフォルダーを作る場合は、ドットで挟む。例: .remilia. でフォルダーを作ると
    .remilia と言うフォルダーができる
  5. Atom を起動する
  6. 設定から Japanese-menu をインストールする
  7. C:\Users\自分\.atom\ に packages ができていない事を確認する
    残念ながら、 C:\Users\自分\.atom\  にインストールされた場合は、2.からやり直し。
  8. C:\Users\自分\.atom\ に最低限のファイル以外出来ていなければ、ATOMのGUIからプラグインをインストールする
  9. プラグインのバージョン問題でコマンドラインからプラグインをインストールするときは、環境変数を設定してからコマンドでインストールする
    > set ATOM_HOME=ATOMのZIP展開先\.atom 
    > cd /d ATOMのZIP展開先\Atom_x64\resources\cli
    > echo %ATOM_HOME%  ※ 動作確認、 ATOMのZIP展開先\.atom が表示されること
    > apm install auto-encoding
    > apm install markdown-preview-enhanced@0.19.1
  10. ATOM 再起動して、コマンドラインから入れたプラグインを反映する
  11. プラグインが反映されていることを確認したら、ATOMを閉じる
  12. C:\Users\自分\.atom や C:\Users\自分\AppData\ 以下の3フォルダーにある .atom フォルダーを全て消す
  13. ATOM を起動して、プラグインがあることを確認する。無ければ2.からやり直し
  14. 自動更新を無効化する
  15. markdown-preview-enhanced のインストールが終わったら、 ATOM 内蔵の markdown-preview を無効化する
  16. 一通り使えるか確認する

VSCode と比べて3倍ぐらいの工程数が必要。コマンドプロンプトを動かすのも面倒。
ATOM は切り分け環境を作るのも面倒臭いわ。

ATOM エディタの Markdown・ReStructuredText・Mermaid.js を扱う拡張リストをメモしておく。
9. の準備をする。( .atom のフォルダーを示した環境変数、 ATOM_HOME を用意する。
cd で apm コマンドがあるディレクトリに移動する。 )

> apm list --installed --bare > 適当なフォルダーのファイル名

と入力すると、パッケージの一覧が得られる。インストールした拡張は以下の通り。

  • atom-dark-syntax@0.29.1
  • atom-dark-ui@0.53.3
  • atom-light-syntax@0.29.1
  • atom-light-ui@0.46.3
  • base16-tomorrow-dark-theme@1.6.0
  • base16-tomorrow-light-theme@1.6.0
  • one-dark-ui@1.12.5
  • one-light-ui@1.12.5
  • one-dark-syntax@1.8.4
  • one-light-syntax@1.8.4
  • solarized-dark-syntax@1.3.0
  • solarized-light-syntax@1.3.0
  • about@1.9.1
  • archive-view@0.66.0
  • autocomplete-atom-api@0.10.7
  • autocomplete-css@0.17.5
  • autocomplete-html@0.8.8
  • autocomplete-plus@2.42.4
  • autocomplete-snippets@1.12.1
  • autoflow@0.29.4
  • autosave@0.24.6
  • background-tips@0.28.0
  • bookmarks@0.46.0
  • bracket-matcher@0.92.0
  • command-palette@0.43.5
  • dalek@0.2.2
  • deprecation-cop@0.56.9
  • dev-live-reload@0.48.1
  • encoding-selector@0.23.9
  • exception-reporting@0.43.1
  • find-and-replace@0.219.8
  • fuzzy-finder@1.14.3
  • github@0.36.9
  • git-diff@1.3.9
  • go-to-line@0.33.0
  • grammar-selector@0.50.1
  • image-view@0.64.0
  • incompatible-packages@0.27.3
  • keybinding-resolver@0.39.1
  • line-ending-selector@0.7.7
  • link@0.31.6
  • markdown-preview@0.160.2
  • metrics@1.8.1
  • notifications@0.72.1
  • open-on-github@1.3.2
  • package-generator@1.3.0
  • settings-view@0.261.8
  • snippets@1.5.1
  • spell-check@0.77.1
  • status-bar@1.8.17
  • styleguide@0.49.12
  • symbols-view@0.118.4
  • tabs@0.110.2
  • timecop@0.36.2
  • tree-view@0.229.1
  • update-package-dependencies@0.13.1
  • welcome@0.36.9
  • whitespace@0.37.8
  • wrap-guide@0.41.0
  • language-c@0.60.19
  • language-clojure@0.22.8
  • language-coffee-script@0.50.0
  • language-csharp@1.1.0
  • language-css@0.45.1
  • language-gfm@0.90.8
  • language-git@0.19.1
  • language-go@0.47.2
  • language-html@0.53.1
  • language-hyperlink@0.17.1
  • language-java@0.32.1
  • language-javascript@0.134.1
  • language-json@1.0.5
  • language-less@0.34.3
  • language-make@0.23.0
  • language-mustache@0.14.5
  • language-objective-c@0.16.0
  • language-perl@0.38.1
  • language-php@0.47.0
  • language-property-list@0.9.1
  • language-python@0.53.6
  • language-ruby@0.72.23
  • language-ruby-on-rails@0.25.3
  • language-rust-bundled@0.1.0
  • language-sass@0.62.1
  • language-shellscript@0.28.2
  • language-source@0.9.0
  • language-sql@0.25.10
  • language-text@0.7.4
  • language-todo@0.29.4
  • language-toml@0.20.0
  • language-typescript@0.6.3
  • language-xml@0.35.3
  • language-yaml@0.32.0
  • atom-mermaid@3.7.1
  • auto-encoding@0.7.2
  • japanese-menu@1.15.0
  • language-mermaid@0.6.0
  • language-restructuredtext@1.1.2
  • markdown-preview-enhanced@0.19.1
  • markdown-scroll-sync@2.1.2
  • markdown-to-pdf@0.1.1
  • pdf-view-plus@1.11.0
  • rst-preview-pandoc@0.1.12

※markdown-preview-enhanced は v0.19.2 だと Mermaid.js をレンダリングしてくれないので、
v0.19.1 にダウングレードしている。

パッケージ多いな・・・。いや、メモだともっと少ないはず。

  • Atom-mermaid
  • Auto-encoding
  • Japanese-menu
  • Languge-mermaid
  • Markdown-preview-enhanced
  • Markdown-scroll-sync
  • Markdown-to-pdf ( Markdown-Themeable-pdf の代わり。 Markdown-Themeable-pdf の作者はもう ATOM エディタは使ってないってさ。 )
  • Pdf-view-plus

とりあえず、考えるべきプラグインはこれだけ。だいぶ楽になる。

以上。VSCode と ATOM エディタのポータブル版の作り方でした。
ATOM の呪縛から逃れて、 VSCode でいいんじゃないかと思うが、
1本化すると裏切られるのがITの世界。
ATOM と言うプランBを用意しておくのも無駄なコストでは無いと信じたい。

« RockyLinux 8.5 で Mozc をコンパイル | トップページ | PCから電報を送る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RockyLinux 8.5 で Mozc をコンパイル | トップページ | PCから電報を送る »