プラグイン集

無料ブログはココログ
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サンプルJS

  • ユーロバカ一代の締切
    ・・・初期化中・・・

薬品

2010年9月15日 (水)

過酸化ソーダ 過炭酸ソーダのメモ

掃除に使う重曹、クエン酸から発展して、なぜか過酸化ソーダと過炭酸ソーダにたどり着いた。

過酸化ソーダとは、
過酸化ナトリウムの事で、超劇薬。消防法で規制されていて、危険物の取り扱いの資格が必要。薬局で過酸化ソーダ( ゚д゚)クレと言っても調達は無理。
化学式Na2O2。
強アルカリ(塩基)性。風呂場の排水溝に使うと効果覿面だと思う・・・。(やっちゃ駄目絶対。防毒マスク必須。)

過炭酸ソーダとは、
過炭酸ナトリウムの事で、酸素系漂白剤にも使われている薬品。特に規制情報はなく、酸素系漂白剤に入っている。ただし、塩素系と混ぜると塩素ガスがドバドバでるのでやっちゃ駄目。
化学式2Na2CO3・3H3O3。
アルカリ(塩基)性。漂白作用有り。薄い水溶液であれば、色柄物が黄ばんだときに使えるとか・・・。

炭酸ソーダとは、
炭酸ナトリウムや炭酸塩の事で、洗剤や消毒液に用いられる。口蹄疫の消毒液にもなっているらしい。
化学式Na2CO3・H2O
強アルカリ(塩基)性。掃除で使うなら、過炭酸ソーダを使う。どちらかというと、消毒液よりの使い方をする。消毒といえば、オキシドール(過酸化水素水のイメージが・・・)

重炭酸ソーダとは、
重炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、重たいソーダ→重曹の事。用途は省略。
まぁ、ベッコウ飴とかカルメ焼きとか中学以上の人は作ったと思う。混ぜ方が悪いと前者、混ぜ方が良いと後者になるらしいが・・・。ふくらし粉やベーキングパウダーとか言う奴。
化学式は言わずと知れたNaHCO3
弱アルカリ(塩基)性。掃除でも大活躍するらしい。しつこい汚れは、強アルカリ(塩基)の方が、反応速度の観点からは有利だが危ない。苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の方が強力だが、水酸化ナトリウムの固体をポチャするどドカーンなので駄目絶対。石鹸作るのに使うが、ぼろ糞危険なのをお忘れなく。昔、バカな教師が、指紋消しとか言って水酸化ナトリウムで遊んで、指が腐ったっけ・・・。とりあえず、石鹸は、開封して数週間は空気と触れさせて中和させる方が良いらしい。

とりあえず、掃除は化学らしい。化学・・・嫌いじゃないですよ、昔から理系な人間ですし・・・。中和させて落す。発泡するエネルギーを洗剤に伝達させて落す。

最後に余談、「お肌つるつる、すべすべ」聞こえは良いですが、それ肌、溶けてるんですよ。

2016年12月23日追記:過炭酸ナトリウムがいいらしい。